ガンキャノン ククルスドアン版作ってみたレビューとリバイブ版の比較

プラモデル

2023年5月20日HG1/144ガンキャノン 
ククルスドアン版買ってきたので早速レビューしたいと思います。

箱絵はこんな感じ!!中々凝ってて個人的には
好きです。

ランナー

ランナーは全部で9枚(Dランナーは2つに
割る事ができます)+マーキングシールに
なります。余剰パーツは22個出る作りに
なってます。

製作にあたっての道具紹介と小技

僕がいつも愛用している物がタミヤの
薄刃ニッパーで1度目を切り出し2度目を
アルティメットニッパーで切った後ゲート処理をガラスやすりで削ります。ピンセットは
タミヤクラフトツールを使用してます。
各ランナーにマスキングテープ等で明記して
いると見やすくなり探す時間の短縮に
なります。

https://amzn.asia/d/6lWXerv
https://amzn.asia/d/1l6z30X
https://amzn.asia/d/0JRsbCN
https://amzn.asia/d/dmpLi1z

ボディ

ボディは12パーツ構成の合わせ目は横の部分の縦に入っています。

ウエスト

ウエストパーツは11パーツ構成で合わせ目はないです。ついでにスミ入れも行ってます。

アーム

片腕のパーツ構成は15パーツになります。
目立った合わせ目は無さそうで可動域は
2重関節を採用しているので140度位曲がり
そうです。

片足21パーツ構成で角度は120度位は
可動しそうです。合わせ目は縦に入っていますが段落ち処理してあります。

フェイス

フェイスパーツは6パーツ構成で合わせ目は
頭の部分にできます。そして写真撮り
忘れていました。泣

武器

キャノンは全部で22パーツ構成で伸縮ギミックもありこの武器がガンキャノンの特徴の一つですね。合わせ目はキャノンの部分に縦に入ってます。

スプレーミサイルランチャーは15パーツ構成でこのキットのもう一つの特徴になり選ぶのが悩ましいパーツになりますね。合わせ目はバックパックにガッツリ有ります。

ビームライフルは6パーツ構成でモナカ構造なので1周合わせ目ができます。

完成

完成しました。僕の作業ペースだとスミ入れまでやって3時間程度で完成しました。最新キットという事もありとても組みやすく合わせ目もそこまで出ないので初心者~上級者まで満足できるのではないでしょうか。やっぱりガンキャノンと言えば岩場からのキャノンが映えますね(笑)

ドアン版とリバイブ版の比較

リバイブ版は塗装済みになってる為色味の比較はできませんが、全体的にスマートにできているのがリバイブ版でマッチョな感じがドアン版になりますね。個人的にはリバイブ版の方が好みです。

まとめ

両方作ってみた感想ですが、リバイブ版が1,320円に対しドアン版が2,530円と高価な
ガンプラになってしまい気軽に作れる
リバイブ版の方が僕は好きです、合わせ目や
その他パーツ構成はドアン版の方がしっかり
できていますので壊れにくいとは思います。
この記事を読まれた方はどちらが好きでしょうか?また次もガンプラ製作記事を書こうと
思いますので楽しみに待って頂けると幸い
です。ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました