ブログを始めるきっかけの話

ライフ

ブログを始めるにあたってなぜ俺がブログを始めたのかを話したいと思います。

経歴(1社目)

高校(工業の機械科)卒業後三菱の下請けでプレス加工の仕事を1年半程やりました。この当時三菱のリコール隠しが発覚し仕事が
激減し給料が下がり生活ができないのと
今後の将来に不安を抱えて転職を決意いたしました。この会社は結婚するとほぼ退職する人が殆どで派遣社員の入れ替わりも激しく、
仕事も汚かったです。人間関係は良好なのは良かったんですが生活ができないのは致命的でした。

2社目

次の会社は新日鉄や大同特殊鋼の2次加工
メーカーで熱処理の仕事を17年勤めて
いました。この会社では俺の社会人生活の
殆どをここで経験させていただきました。
会社の人間関係も良好で仕事内容も自分の
裁量で進めていけて空いた時間にはスマホを触ったり土日では他の部署がいないので
休憩時間(休憩時間が多い)にはメンバーと話ししたりスマホゲームしたりしてました。ただ熱処理という勤務が24時間フル稼働で不定休の為家族や友人との遊びに行くには予定がたてずらく土日も有給取得が難しい状況でライフワークバランスが悪くスキルも頭打ち感がありこのままズルズル同じ仕事をしていても俺のキャリアアップも目指せないのと(部署異動の願いは10年前から要請していたが受け入れられず)車業界の2035年の電動化があり今後の動向に不安を感じていました。この会社はエンジン系の部品を多数生産しており2035年になった時僕は50歳になります。その時転職しても次の受け入れ先があるのか、その時家族を養えるのか不安がありました。嫁さんに頼るにも嫁さんは俺の扶養の中でしか仕事をする気がなく自立することもしない為色々不安な中転職活動をスタートしました。この歳での転職は正直しんどいもので何度書類審査で落ちたか分からない位でした。年齢的なものやコロナの影響もありオンライン面談が殆どでオンラインだと不利に感じました。仕事しながら8ヶ月位転職活動して転職しました。退職するにあたっては2か月前に辞表を提出しました。円満退社とはいかづ完全有給消化はできませんでした。

3社目・・・・ここで異変が・・・

3社目はまた製造系の仕事を選びました。
業界はブレーキ業界になります。ここなら
エンジン系の生産が無くなってもブレーキは無くならないので今後のキャリア形成や給料面でも安心して働いていけると思ったからです。
いざ働いてみると作業者1人に対する業務量の多さが尋常じゃなく1人で生産設備7台(NC旋盤5台と複合旋盤機2台)の面倒を見ながら
品質確認(40分に1度5台の品質確認)、
7台分の最初と最後の品質確認、7台分の材料供給や異常処置、休憩なしで稼働する為就労規則では1日1時間休憩できるのに休憩できない位の業務量をやらされていました。その中で品質異常が出ると現場の人間のせいにさせられたりしていました。驚いたのは求人票では平均残業時間30時間と記載されていたのですが入社してからは45時間届くか届かないかを推移していて夜勤では4時間残業を1週間ぶっ通しで行うのもざらで(今まで夜勤で4時間残業はやった事ない)通勤時間も1時間位かかる場所だったので通うのも大変でした。
入社1か月が過ぎたあたりから不眠や食欲不振、やる気衰退、仕事中やベッドで涙が出だしたりする様になってきました。班長やその上の上司に相談しても酒飲めばどうにかなるとか気合いでとか言っていて埒が明かない
状況でした。とりあえず薬局で漢方薬を買い少しは和らいでいたのですが金曜日に急に
来週夜勤に入ってくれと班長に言われて了解したんですが土曜日に子供との用事があり
月曜に班長へ金曜日は子供との用事があるから早めに返して欲しいと頼んだ所その時はOKを頂きましたがいざ金曜になると生産が間に合わないから残業して欲しいと言われました。(月~木まで4時間残業してました)定時で帰宅するのは申し訳ないと思い1.5時間程(用事があるギリギリまでの時間)残業して帰る時に班長から「今回はこれで帰すけどいつも帰れると思うなよ」と言われ俺の中では自分のやれる事を精一杯やってきましたがこの言葉を受けてショックでしたそれに転職の軸の中に今まで家族との時間を大切にしてこれなかったのでこれからはもっと時間を増やそうと思っていました。この言葉を受けてから班長への恐怖心が目覚めてきました次の週は不眠と涙が続きこれはヤバいと思い近くの精神科へ行く事を決めましたが初診を受けるには1か月程時間がかかりました。その間睡眠もうまく取れず涙流しながら病院に行けばどうにかなるという気持ちで1か月乗り切り
病院の診察で【適応障害】と診断されて睡眠薬と抗うつ薬を頂き2週間後もし改善していなかったら休職も視野に入れておいて下さいと言われました。2週間後も症状は改善しなく休職に入る事を決めました。嫁さんはいつも俺の心配をするのではなく「辞めないよね?辞めないよね?」しか言わなく何かある毎に「転職しなければよかったじゃん」としか言ってもらえなくて不安が募るばかりでした。この時嫁さんが少しでも自立してくれていれば変わっていたのかもしれないです。

まとめ

高校卒業後約20年社会人(会社員)として生活を行ってきましたが3社目に入社した時には2社目の経験がそのまま活かせる部分もあるかな?と思い天狗になっていましたが入社してみると未経験の部分が大多数で俺の不甲斐ない部分もあり休職へ陥ってしまいました。ブログを始めるにあたってはこのまま会社1本で生計を立てていけるか不安が出てきたし、それに自分を見つめ直すいい機会だと思っています。子供も3人いるし休職している場合ではないんだけど自分の心が壊れてからだと家族や皆に迷惑が掛かります、自分の限界は自分しか分かりません、ちょっと位自分を甘やかしても俺はいいと思っています。仕事だけが人生でもなければ仕事はお金を得る手段の一つです俺は会社の為に仕事をするのではなく家族と過ごす為に仕事をしています。現在は(2023年6月現在)復職に向けて活動をしていくつもりです。また何かあれば記事にしたいと思いますので楽しみに待っていて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました